投稿

働き方改革に関連するテレワークとは

在宅で仕事をするテレワークは既に広く知られていますが、一方では働き方改革も進められています。

働き方改革は2018年に提出され可決、2019年に施行された法律に基づく取り組みで、有給休暇の消化義務化などで知られます。

テレワークもその1つで、例えば子育てをしながら仕事が続けられたり、企業にとってもオフィスのコストを抑制できるなどのメリットがあります。

他にも広く人材を確保しやすくなったり、いわゆるデジタルトランスフォーメーションの取り組みを加速させられるのもポイントです。

ただし、対面によるコミュニケーションが希薄になること、勤怠管理やセキュリティ面の対策が難しくなるなど、必ずしもメリットばかりではないです。